カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 TOPページ  初めての方へ  パソコン書籍  周辺機器 | データベース |

 

段落に対しての書式

文字を入力して、その文字列を中央に揃えたい場合、文字列をドラッグして選択(反転表示)しなくても、ただ中央に揃えたいだけなら、その段落にカーソルの点滅があるだけで中央揃えのツールボタンをクリックすると中央に揃います。


これは、段組したときに、段組したい部分全体をすでに選択しているので、段組した後では段組してある全体に対しての書式の変更になるわけですから、その段組のどこかにカーソルが点滅していればOKなのです。

書式を変更する場合、文字に対しての書式変更なのか、段落に対しての書式の変更なのかはしっかり認識して命令を与えることが大切です。
また、長い文章を段組した後で、段組と段組の間に線を引くことになったら、段組した文章全体を選択して反転表示させる必要はありません。段組されているどこかにカーソルが点滅していれば、書式  段組  境界線を引くにチェックをすることで境界線が引けます。

行の途中で文字列の先頭を揃える・・Tab(タブ)とは

ワードで、Tabの意味を間違って理解されている方が見受けられます。それは、文章入力でTabきーを押すと、設定されている文字数(規定値は4文字)だけ間隔が空くと思っている方が多く見られるということです。

Tabというのは文字列の間が設定されている文字数分空くのではなく、カーソルの位置が、設定されている文字数の位置に移動するということなのです。

これだけでは、分かりにくいので、具体的に説明します。
たとえば、Tabが規定値の4文字に設定してあるならば、最初にTabを押すと4文字の位置にカーソルが移動します。そして、もう一度Tabを押すと8字の位置に、次は12字の位置に、・・というようにカーソルの位置が移動します。その途中で文字を入力してもカーソルの止まる位置は決まっているのです。入力した文字がTab位置を越えてしまっても、次のTab位置に移動するだけなのです。

この機能を使えば、文字列の中に半角英数字などが含まれていても行の途中から頭揃えが出来るのです。

文字の下に緑の波線が出るのは

ワードで、たとえばふぐの肝は食べれないと入力すると、食べれないの下に緑の波線が表示されます。



このほかにも、「い抜き」や「表記ゆれ」などがあります。
直し方は、「緑の波線のついた文字を右クリックして、正しい文字をクリックすると変更されます。

これは「ら抜き」といって、本来は食べられないが正しいのですよ、と教えてくれているのです。

入力した文字に影をつけるには

1、入力した文字をドラッグして選択し、メニューバーの「書式」をクリックする。
2、プルダウンメニューの「フォント」をクリックすると「フォント」ウインドウが開くので「フォント」タブをクリックする。
3、「影付き」にチェックして「OK」をクリックする。

少ない領域にたくさんの文字を入力する

限られた範囲の中にたくさんの文字を入力したい時、フォントサイズを変更すると、縦も文字が縮小されてしまいます。



また、縦の大きさはそのままで、横のみ縮小するツールボタンがあります。縮小したい文字をドラッグして選択し、書式設定ツールバーの「文字の拡大/縮小」をクリックして任意のを選択してください。

まずは、プロポーショナルフォントに変更してみてはどうでしょうか。たとえば、「MS明朝体」を「MS 明朝体」にしてみてください。

縦書きで2桁の数字を横に並べたい

縦書きで、和暦の日付を入力する場合、年や月を数字で入力すると、2桁のときは、全角の場合は縦に数字が並んでしまいます。



1、数字をドラッグして選択する。
2、メニューバーの「書式」をクリックする。
3、プルダウンメニューの「拡張書式」にマウスポインタを合わせ、「縦中横」をクリックする。
4、「OK」をクリックする。

また、半角の場合は文字が横になってしまいます。このような時は、以下のようにしてみてください。

行と行の間隔を縮めるには

1、縮めたい行をドラッグして選択する。
2、書式  段落 とクリックする。
3、右下のほうにある、行間をクリックして「固定値」をクリックする。
4、その右の数値を変更する。(フォントサイズより少なくしないこと)

ページトップへ