カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 TOPページ  初めての方へ  パソコン書籍  周辺機器 | データベース |

 

「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の入力

文字入力で「じ」なのか「ぢ」なのか、
あるいは「ず」なのか「づ」なのか迷ったことありませんか?

ローマ字入力のとき、
どのように判断するか説明します。

たとえば「金鎚」と入力する場合、
金鎚は金(かね)の鎚(つち)だから「つ」に濁点が付いて
「かなづち(KANADUTI)ですよね。

では、地震は地(ち)が震えるわけだから「ぢしん」では無いですね。
「じしん」ですよね。

ドラマの「続き」これは文字からは判断できませんね。

じゃあ、どうするのよ・・。って声が聞こえてきそうです。

そこで、すっきりさせましょう。

法則が3つあります。
まず1つ目の法則
 これは、文字で判断する。
 先ほどの金鎚、「鎚(つち)」たから「かなづち(KANADUTI)」
 鼻血、血(ち)だから「はなぢ(はなぢ)」

2つ目の法則
 単語の始まりは必ず「じ」「ず」です。
 「ぢ」や「づ」で始まる単語はありません。
 先ほどの地震(じしん)あるいは頭痛(ずつう)などです。

3つ目の法則
 単語の始まりが「す」でそのすぐ後にくる場合は「ず」
 「つ」ではじまれば「づ」となります。
 つまり同じ文字に濁点がつきます。
 たとえば「鈴木」(すずき)都築(つづき)縮む(ちぢむ)などです。

でも、例外もあります。
身近(みじか)でも(みぢか)でも入力できます。
MS-IME 2002 では出来ます)
もうひとつ例外
 意地悪、の地(ち)ではなく(じ)なのです。(意地悪)

本当に意地悪ですね。

「ん」の入力は”N”と”NN”の使い分け

MS-IMEの場合で説明します。
「ん」を入力するときは、「ん」の次に入力する文字によってひとつでいい場合と、NNと入力する場合があります。
「簡単(KANTAN」)のようにひとつで良い場合が多いのですが、NNと2つ入力する場合があります。

「ん」をNNと入力する4つのパターン。
その1:「ん」の次に「母音(あいうえお)」がくる場合。たとえば、「単位(TANNI)」ひとつでは「たに」になってしまいます。
その2:「ん」の次に「N」がくる場合。(な、に、ぬ、ね、の)と(にゃ、にゅ、にょ)たとえば「コンニャク(KONNNYAKU)」ひとつでは「こんやく」になってしまいます。
その3:「ん」の次に「Y」がくる場合。たとえば「金融(KINNYUU)」ひとつでは「きにゅう」になってしまいます。
その4:「ん」の次に数字や記号を入力する場合。ひとつでは、「n」が「ん」になりません。

しかし、この問題は奥が深く、まだ続きます。
たとえば「女」と入力する場合、上の例では、その1に該当します。したがって「ONNNA」と入力するわけですが、あえて「ん」をひとつで入力してみると「おんあ」となります。これを変換すると、「女」になります。
しかし、「たんい」の「ん」をひとつで入力して「たに」となり、これを変換しても「単位」にはなりません。
これは、「おんな」という単語は存在するが、「おんあ」という単語は存在しない(登録されていない)から、「女」と変換されるのです。「金曜日」ひとつだと「きにょうび」これを変換すると「金曜日」となります。
ここまで先読みして「ん」を使い分けるのは大変ですが、上の4つのパターンは訓練によって使い分けられますので意識して入力してください。

しっかり読めなければ入力できない

最初に、パソコンで文字を入力することを学び始めた頃「ジュース」を「じゅうす」と入力する人がいます。
また、ローマ字入力で、「給料」を「KYURYOU・・きゅりょう」とを抜かして入力する人も良く見かけます。
どうしてこのように入力してしまうかは、この問題の、文字を入力するプロセスを考えると答えが見つかります。
先ず、1つ目の「じゅうす」は、発音に惑わされているのが原因です。
話が横道にそれますが、今、この記事を読んでいる皆さん、本当にこの記事を「読んで」いますか?
一般に、新聞や雑誌を「読む」といっていますが、実際は読んでいる訳ではないのです。文章を目で追って、言葉のイメージを頭にインプットして、つなぎ合わせて意味を理解しているのです。
文章入力は、頭の中で文章に、正確に振り仮名を付ける動作をしているのです。
ローマ字入力の場合はもうひとつ気をつけなければならないことがあります。それは、ローマ字的な一語一語の区切りです。先ほどの「給料」の場合、「きゅうりょう」をローマ字的な一語ずつに区切ると、「きゅ・・KYU」「う・・U」「りょ・・RYO」「う・・U」となるわけです。「きゅ」でを入力しているから次の「う」のを抜かしてしまうのです。

「J」を入力したら「Y」はいらない

「じゃ」を入力するときに「JYA]または「ZYA]と入力していませんか?


「じゃ」「じ」「じゅ」「じぇ」「じょ」、を入力するには、最初の子音は「Z」を使わず、「J」を使い、「J」を入力したら次の「Y」はいりません。「J」の次にそれぞれの母音(A、I、U、E、O)を入力しましょう。

郵便番号から住所を入力するには

MS−IMEの「郵便番号辞書」を使って郵便番号から住所が入力できるように設定します。
1、MS−IMEツールバーの「ツール」をクリックして、「プロパティー」をクリックする(MS−IME2000は「プロパティー」から)
2、「辞書 学習」タブをクリックし、「システム辞書」の項目の「MS−IME郵便番号辞書」のチェック蘭を黒のチェックが入るまでクリックしてチェックを入れます。
3、「OK」をクリックする

後は、入力するときに、郵便番号を数字でハイフンを入れて入力し、変換すると、郵便番号に該当する住所が変換候補に表示されます。

難しいローマ字入力

グァム島の「グァ」は 「GWA」
モーツァルトの「ツァ」は「TSA」
カンツォーネの「ツォ」は 「TSO」
クィックの「クィ」は 「QI」
トゥナイトの「トゥ」は「TWU」
ディズニーの「ディ」は 「DHI」
デュエットの「デュ」は「DHU」 です。
またはキーは極力使わないようにしましょう。

ページトップへ